これから先の健康番組の見方

最近身体の健康番組が増えているが、あまりにも情報が溢れていて、かえって、受取り側が混乱をきたさないのが不思議だ。

毎回医学は進化して、そして遂には女性研究者の
STAP細胞の発見で日本中は騒いでいる。
その世紀の発見については、今後の活用が期待されます。

話を元に戻すと、健康番組では、かなり観る側に重圧をかけるような演出で、

30代の私としては、「そこまでしなくても」というような不安感が残る。

「全世代に分かりやすく」という方向性だと思われますが、かえって、精神障がい者である私はとても心に負担感を持ってしまう。私のような者は余計な心配をしすぎて神経質になり過剰な生活をしてしまうこともなきにしもあらず。

精神障がい者の心を考慮した身体の健康番組もこれからは作っていてもらいたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中