老いた時あなたならどう生きるか?

■高齢者になったあなたならどう過ごす?

ある人は仰った。「人生の『上り』より『下り』のほうがスキルもいる。
『下り坂』のノウハウは学校では教えてくれないからだ」


高齢者になると、足腰が弱くなったり、
すでに生活習慣病にかかり人の助けが要るようになるなど、
身体の弱さが出てくる。


高齢者向け住宅に移転した時に考えることは、
いままで、高い役職に居たせいなのか定年などにより環境の変化があると弱い男性の高齢者が多いという。


女性よりも男性の方が適応能力の低い分、男性は自分の弱さを認めることができない弱さがある。


だんだん高齢者が増えていくなか、弱者になったあなたなら、
素直に周りのお世話を快く受け入れられるだろうか?


ある人はナンプレで頭の練習をし、ある人はパートで仕事をし、ある人は絵画教室で絵を描く。


正直に生きることがみんなの笑顔を作るコツではないだろうか?
また、自分らしい趣味(小さな目標)がイキイキと過ごせられるのでは?

(baruko)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中