介護保険法改正案まとまる

介護保険法改正案まとまる
■特別養護老人ホームの入居条件が厳しくなるの?

 現在、特別養護老人ホームの入居者数が47万人以上と いわれ、入居待ちが51万人以上といわれる実態。そのうち の入居者数の要介護1・2の人が12万人といわれる。 今後は入居条件を要介護3以上に限定するというのだ。 現在、入居している要介護1・2の人は、そのままで、この入居制限 は27年度より実施される予定らしいが具体的なことはわからない。

 厚生労働省の見解としては、今一番必要とされる寝たきり老人 を優先させようというものだ。老人社会の住み分けが徐々に進んで いく。 入居制限のなかにあと年金・給料・不動産などの所得や住宅などの資産を所有している老人は所得制限がある。今後は入居が難しくなり、又入居の利用料が所得に応じてスライドしていくというものである。 人生を順調に生きていき、預貯金・不動産などの蓄財をした自分の人生にとって、老後の行き着く先の老人ホームの入居は狭められていく。 勝ち組は最後まで自分のお金で生活しなさい。ということだ。

 そうすると、勝ち組は負け組にスルーしていかないと介護は望めない。 寝たきりになる(要介護3以上)というのは、その人の所得は関係 ないことだけれど、入居待ちの状態が続くという現実。施設の絶対数が少ないのだから優先すべき条件をつけるのは致し方ないといえる。

 特別養護老人ホームは入居の費用が民間より安い為に入居待ちの状態が続いているのは今に始まったことではないが。 今の人口分布の状態から、より深刻な状態になったということだ。 逆にいえば、お金があれば有料老人ホームに入居すれば良い。 それしかないというものだ。 2015年には75歳以上高齢者の割合が13.1%。2015年は、認知症高齢者等が250万人。又、世帯主が65才以上の世帯のうち単独世帯や 夫婦のみの世帯が増加していく。

 定年を迎えた団塊世代、現在60歳以上~65歳の人達は、笑えぬ現実に対して、今まさに現実に自分の将来を今後どう人生設計していくか、ということだ。

チェックポイントとしては

1 家族はいるかチェックしよう。その為にも分散しているのなら世代を超えて世帯を合体させよう。二世代、三世代住宅の実現である。 
2 働けるうちに働くことだ。身体を動かすということは健康にも良い。 認知症は会社をやめて何もしない人に発症する率が高いといわれている。
  
3  その為にも、都会から出ることだ。但し、一人とか夫婦とかはあまり勧められない。どちらかが亡くなると孤独死になる可能性が高い。ではどうするか?近くの田舎に別荘を持つことだ(予算の余す限範囲で)
4 まだ結婚していない未婚者(30代以上の男女)は将来のパートナーを見つけ、早く子どもを作ることだ。 核家族を無くそう。
5 死に対して、自分はどうすべきか。  その問題に向き合おう。

http://uttaeteyaru.jugem.jp/に掲載された内容の紹介です

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中